結婚式場はどんなタイプがあるの?

宿泊施設にある結婚式場

結婚式場として利用されることが多いのは、ホテルなどの宿泊施設です。披露宴会場として使える広間があるのはもちろん、挙式ができる宗教的な施設がそなえられています。大型の宿泊施設ほど広間のバリエーションが豊富なので、結婚式の規模を問わず対応可能です。また、宿泊施設の多くは最寄り駅からアクセスしやすい場所にあるため、結婚式の招待客も快適です。ターミナル駅のそばにある宿泊施設であれば、遠方から結婚式に参加する人にも道順を説明しやすいといえます。なお、宗教的な儀式と無関係な結婚式(人前式)を行うことも可能なので心配はいりません。披露宴で提供する料理をふくめて、新郎新婦が望むたいていの結婚式を実現できるのが宿泊施設内の式場です。

本物の宗教施設を利用することもできます

結婚式にはキリスト教式や神前式などのタイプがあります。こうした宗教的なルールに従った結婚式を希望する場合、本物の宗教施設を利用することも可能です。キリスト教式なら教会、神前式なら神社になります。宿泊施設にも教会などの設備が用意されていることがありますが、「教会風建築物」であることもめずらしくありません。すべての宗教施設で結婚式の開催を受け入れているとは限らないので、まずは問い合わせから始めるとよいでしょう。教会の場合、新郎新婦の両方またはどちらかがキリスト教徒であることを要求されることもあるので確認してください。披露宴ができる会場をそなえている宗教施設もありますが、場合によっては披露宴会場を別に確保しなければいけないかもしれません。