料理や引き出物はどれくらいの費用がかかる?

どれくらいの値段の料理が妥当なのか

特別なスペシャリテの存在やシェフの実演など、結婚式で振る舞われる料理は普段手が届かないようなゴージャス感のあるものが多いです。披露宴や1.5次会に訪れるゲストたちの中にも、どんな料理が食べられるのかという点に期待をかけている人がたくさんいます。なるべく予算をカットしたい人も、おもてなしの心から満足のいく料理を提供するためには、どれくらいの値段のものを用意したらいいのか参考にした方がいいでしょう。ブライダル関連の企業が首都圏のカップルを対象にして行ったトレンド調査では、平均すると1人前で約15000円という結果が出ています。これにワインなどのドリンク類にかかる値段を加わるので、相場価格は約20000円です。

悩まされる引き出物の値段

引き出物は、自分たちの結婚式に来たゲストへのお礼として渡す記念品のことです。引き出物の値段以外にも、縁起物や引き菓子にどのような物を贈るべきか、地域ごとにしきたりがあるので、単純に全国の平均的な値段の品物を贈ればいいというわけではありません。地域ごとの特色の他にも、ゲストの立場によっても引き出物の適正価格は変動します。近年ではおもてなしの心から贈り分けをする方がいいという考えに変化しつつあるので、様々な要素から値段を決めるべきです。一般的には、そのゲストが上司や親類の場合は5000円くらいが妥当と考えられています。高額すぎてもよくないので、高くても7000円程度にとどめておくのがコツです。友人たちは3000円が相場とされています。